こころの病気の治療は、薬を使った治療法とカウンセリングによる治療法とに大きく2つに分けられます。
またそれぞれの病気によって、薬を使った治療法が良い場合とカウンセリングによる治療法が良い場合、両者を組み合わせたほうが良い場合があります。さらに以前は薬による治療法の方が良いと思われていた病気でも、最近ではカウンセリングによる治療法でも治せるようになった病気もあります(不眠症など)。
きしろ心理相談室では、カウンセリングによる治療を行いますが、薬による治療が必要な場合には、提携するきしろメンタルクリニックにご紹介することが出来ます。
あなたのこころの健康を一日でも早く取り戻し、あなたらしく生活できるようになるために、ひとりで悩むことなくきしろ心理相談室にご相談ください。あなたからのご連絡を臨床心理士一同、おまちしております。

 

きしろメンタルクリニック 院長 木代 眞樹

■ 川崎市多摩区にある心理カウンセリングルームです■

当クリニックはきしろメンタルクリニックと提携しております

当相談室では、臨床心理士の資格を持った心理スタッフが面接を行います。

 

”臨床心理士”については「相談室概要」のページを御覧ください。

 

最初に、ご相談の内容やこれまでの経緯を十分にお聞きした上で、どのような方針で面接をしていくのかを決定いたします。その際に、心理テストを行うこともあります。

 

また、きしろメンタルクリニックに通院中の方だけではなく、様々な方からのご相談をお受けしております。お薬の必要な方も、そうでない方も、ご本人さまも、ご家族の方も、それぞれの方にあった形のお手伝いができれば、と考えております。

 

また、医療の介入(お薬の処方など)が必要な方は連携するきしろメンタルクリニックにご紹介致します。

                                                                

                                                       室長 山田 聡子

■ 心理相談室について ■



■ このような症状の方はいらっしゃいませんか? ■


・気分が落ち込む

・ゆううつになる
・ポジティブな感情が湧いてこない

 

・何かをしないと気がすまない
(例:何度も手を洗ってしまう)

・自分の意志ではとめられない

 

・周りに馴染めない

・空気がよめない

・予定外の行動はとれない
 


■ お気軽にご相談ください ■


いじめ、不登校、ひきこもりでお悩みの方

 

職場・家族(夫婦、親子)・友人・異性などの人間関係、対人関係でお悩みの方


■ お知らせ ■


**NEW**

 2018年5月~、『思春期の方のメンタルヘルス』に関する一般の方向けのセミナーをシリーズで、「きしろメンタルクリニック」と合同で開始することになりました。

 

 第1回目は5月27日(日)10時~13時、『思春期以降の不登校(仮)』を予定しております。

   講師:江浪由香先生

  臨床心理士もしくは医師による個別相談の時間もご用意しております。

 

 一家族につき参加費3,000円、3人まで参加可能となっております。

 

 お申込みはこちらから可能です。

 

 どうぞ振るってご応募ください。

 

お電話でのご連絡方法について(2017年11月)

*090-2226-1072は、ご新規の申し込みやお問合わせ専用の番号になります。

すでにおかかりの方は、相談室にご連絡頂く際の方法について、担当者にご確認頂けますよう、お願い申し上げます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解頂けますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2017年8月10日(木)~8月14日(月)の間は、ご新規のお申し込みの受付やお問い合わせの対応をお休みさせていただきます。

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、8月15日~は通常通り、ご新規のお申し込みの受付やお問合わせの対応を再開いたします。

 

 

 

相談室のブログを開設しました(2017年5月)

 電話でお申し込みができるようになりました。(090-2226-1072 受付時間:月~土 10:00~17:00)

   (2017年5月~)*留守電の場合は、お電話番号とお名前を残して頂けましたら、折り返しご連絡差し上げます。

 

 

 ホームページを公開しました

きしろ心理相談室のホームページをリニューアルいたしました(2017年5月)。

 

福本 修が顧問(スーパーバイザー)に就任しました

代官山心理・分析オフィス福本 修が顧問(スーパーバイザー)に就任いたしました。